ごまの主な効能としては・・・動脈硬化予防 整腸 美肌保持 貧血 冷え性 貧血予防 老化防止 疲労回復 白髪や抜け毛の予防 便秘予防 カルシウム、鉄をはじめとして、リン、マグネシウム、亜鉛などミネラルもたっぷり含まれてます。老化や成人病の原因である活性酸素を取り除いてくれるゴマリグナンという成分が含まれています。また、その成分は肝機能を強化して、アルコールを速やかに分解するとのことです。酒のお付き合いの多いお父さんにはもってこいです。また、カルシウムの働きを助けるマグネシウムも、ゴマ20g中70mgと豊富に含まれており、骨粗鬆症予防にも役立ちます。さらに、特に黒胡麻には、白髪を減らす効果もあるとのこと。ビタミンB1は疲労回復に、B2は疲れ目などに効果があり、一日中パソコンなどで目を使っている人にもおすすめです。ごまは外皮が固く、そのままではからだの中を素通りしていくだけで、栄養も効能もうまく生かせません。すりつぶすなど、消化しやすい形にして利用しましょう・・・・
スポンサードリンク

2006年10月27日

TBSピンポン!放送〜疲労回復に炭酸マシーン

健康お役立ち無料レポ進呈中♪
TBSピンポン!放送〜疲労回復に炭酸マシーン

炭酸マシーンは、
ドイツワールドカップに出場していた日本代表サッカー選手も愛用
血行がよくなるため疲労回復にも最適

炭酸泉は、ひそかにブームって知っていました?
美容と健康に効果があると医療や介護でも使用されています。


テレビ(TBSピンポン!)の放送中で使用していました♪
福沢アナが手を入れていましたね♪
部分浴タイプ・シーシーカーボ
テレビで使用していた部分浴タイプ・シーシーカーボ

上記は炭酸マシーンの小型版です。
部分浴に使用できます。
足などに使用すると足先まで血行が良くなります。
テレビに出演されていた患者さんのコメントでもわかりますね。

5リットルのお湯を、約3分で
高濃度人工炭酸泉にする部分浴専用タイプ。
コンパクト設計なので移動も可能。
足浴や洗顔などに最適です。


TBSピンポン!で紹介された東京大田区の銭湯では、
炭酸マシーンを使ったお湯が大人気。
わざわざバスに乗って来る方もいるようです。


ひらめき秘密はシュワシュワの炭酸水

1分で、泡が皮膚にできはじめた。
二酸化炭素が含まれている炭酸のお湯だそうです。


目詳しい専門家のコメントによると
 炭酸ガスにはデトックス効果があります。
 胃が活発になり便秘が解消されたとの報告もあり
 炭酸泉入浴で肩の凝りがとれた



医療施設や介護施設でも導入されている事例を紹介していました。

TBSピンポン!では、
血流測定器で実際に温まることを検証報告



なんで炭酸泉が良いのか???

炭酸ガスが毛細血管に進入する
  ↓↓↓
人間の体が反応
  ↓↓↓
新しい栄養をその毛細血管に血液を
送ろうとする
  ↓↓↓
乳酸などをいっきにだそうとする
効果が得られる


要は、血行が良くなるって事です



いい気分(温泉)炭酸泉は、病院のリハビリに炭酸泉をつかっているそうです。

患者のコメントでは、
 ・足先が冷たい
 ・血液の循環が良くなる



また、炭酸エステってのもあるようです。

炭酸エステとは
基本的には、炭酸のお湯にゆっくり浸かり、炭酸水を飲む
体の中からも外からも炭酸効果を目指すものです

この炭酸エステをご家庭でも試せます。
これで健康が手に入るなら安いものですね♪

全身浴タイプ・スパークリングカーボ
全身浴タイプ・スパークリングカーボ

いい気分(温泉)全身浴タイプ
スパークリングカーボ
マンションタイプ(脱衣室設置型)
ご家庭のお風呂で手軽に
炭酸温浴が楽しめるスパークリングカーボ。
200リットルのお湯を、約20分で高濃度人工炭酸泉にします。
本体は浴槽コーナーに据え置き、炭酸ガスボンベは屋外(または脱衣室)に設置します。
自動クリーニング機能付きで、いつでも清潔に入浴できます。


ひらめき長時間せまいお風呂で使用すると
酸欠状態になるというのでご家庭で使用される方は、
ご注意してください。
二酸化炭素がでてきますから。。。。


ヨーロッパでは古くから炭酸泉を利用していたそうです。
血管拡張作用がありますので、
この日本でもブームになりつつあるようです♪


スポンサードリンク
posted by 体質改善研究倶楽部サイト管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労回復について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26266336
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。