ごまの主な効能としては・・・動脈硬化予防 整腸 美肌保持 貧血 冷え性 貧血予防 老化防止 疲労回復 白髪や抜け毛の予防 便秘予防 カルシウム、鉄をはじめとして、リン、マグネシウム、亜鉛などミネラルもたっぷり含まれてます。老化や成人病の原因である活性酸素を取り除いてくれるゴマリグナンという成分が含まれています。また、その成分は肝機能を強化して、アルコールを速やかに分解するとのことです。酒のお付き合いの多いお父さんにはもってこいです。また、カルシウムの働きを助けるマグネシウムも、ゴマ20g中70mgと豊富に含まれており、骨粗鬆症予防にも役立ちます。さらに、特に黒胡麻には、白髪を減らす効果もあるとのこと。ビタミンB1は疲労回復に、B2は疲れ目などに効果があり、一日中パソコンなどで目を使っている人にもおすすめです。ごまは外皮が固く、そのままではからだの中を素通りしていくだけで、栄養も効能もうまく生かせません。すりつぶすなど、消化しやすい形にして利用しましょう・・・・
スポンサードリンク

2005年09月01日

人類の歴史と発酵食品

健康お役立ち無料レポ進呈中♪
本人類の歴史と発酵食品
発酵と腐敗はとてもよく似ていますが、
有用な結果を生む「発酵」について、
人類は古くからよく知っていました。

欧米の主な発酵食品はパン、ワイン、ビール、チーズ、ヨーグルト。
いずれも、紀元前数千年前からの歴史がある食べものです。

ワイン誕生
「たくさん取れたブドウを、あとで食べるために隠しておいたら、
おいしい液体になっていた」
チーズ誕生
「羊の胃袋で作った水筒に山羊のミルクを入れて旅に出たら、白い塊になっていた」

など、いろんな物語が言い伝えられているほどですね。


アジアは発酵食品がとりわけ豊か。
ベトナムのニョクマム
タイのナンプラー
日本の醤油など
発酵食品がお料理の味を決定しているくらいです。

さらに、日本の発酵食文化は飛びぬけています。
豆腐、納豆、漬物、味噌、鰹節、酒……。
どれも思い起こせば、「おばあちゃんの食卓」に欠かせなかったものばかりですね。



本伝統には理由あり!

発酵はそもそも、食べものを長く保存するための知恵でしたが、
科学の発展とともに、気候風土に応じて生まれた発酵食品が、
その土地土地に住む人々の体に影響を与えていることが分かってきました。

ナットウキナーゼのサラサラ効果
乳酸菌のスッキリ効果
発酵の最後の仕上げをする酵母菌が生む必須アミノ酸などなど

発酵食品が人類の歴史とともに長く食べ続けられてきたことには、
ちゃんと理由があったのです。


本日本の伝統
日本食の伝統と文化に発酵食品は欠かせません。
発酵食品を豊かに生み出した土地、
日本に住む私達にとって、
空気のようにそばにあるもの。

けれど、世界中の食べものが手に入る現代では、
いろんな食べものに目移りしてしまい、
伝統食品はつい忘れがちですね。

土地には土地の食べものがあります。
気候風土が生み出した伝統食品は、体内のリズムやバランス
と深く関係していますから、先人の知恵には、
前向きライフのカギがあるのかもしれません。
スポンサードリンク
posted by 体質改善研究倶楽部サイト管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のコラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6449349
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。